CONCEPT

CONCEPT2_Fizeros

安心をとなりに。

2020年、新型コロナウイルス感染症が全世界を震撼させ、多くの価値観が変わる大きな転換期となりました。飛沫感染という見えない怖さがあり、病院に行くことも、愛おしい誰かと会う事も、集まることもできない。そもそも外出できない。いつ、この脅威が解消されるか分からない。そんな不安な毎日を送る日々に、織物メーカーの私たちができることはどんなことだろう。不安を解消することはできないのか?安心をお届けできないか。そんな想いからFizerosは生まれました。

もっと笑顔が見たいから。

「Fizeros」はフランス語の「Fibla」私たちのお仕事である「繊維」と「Zelos」ギリシャ神話から神格化した「熱意」を組み合わせた造語です。更に多くの方の不安を「Zero」にしたい。「不安をゼロにする繊維製品を熱意を持って開発する」「安心をあなたのとなりに届けたい」そんな想いを込めてネーミングしました。抗ウイルスという機能性の高い生地を使った繊維製品で、不安がなくなり、笑顔になれる。そんな製品作りが我々のミッションです。

本物をお届けする。

私たちは、西脇市に本社工場を置き、播州織という繊維産業が盛んな地域に誕生した50年の歴史を持つ繊維メーカーです。かつてホテルや結婚式場にカーテンやテーブルクロスを納品していました。2017年に株式会社テキスタイル来住の現会長である来住昇三が、「抗ウイルス」に着目し、生地の開発を開始。そして2020年に製品化に成功しました。開発当初は新型コロナウイルス感染症を想定していたわけではありませんが、いち早く安心をお届けしたいという気持ちで製品化しました。

ホテルやブライダル会場に納品していた、50年の機織り技術と熟練の職人による縫製技術で、本物の商品を製造しています。そこに「抗ウイルス」「抗菌」「防炎」という機能性をもたせ、多くの人にお届けできるよう日々取り組んでいます。

全ては笑顔のために。